スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泊浦へモニター釣行

またまた泊浦を開拓に行ってきました。
さて何処に降りようかと・・・
船頭と相談して、最近人が入っていない小島のハナレに・・
今年に入ってまだ4~5組しか降ろしてないとの事。
ここは大潮の時のみ降りられる磯ですから仕方ないのですが・・
それにしても釣果が今ひとつとの事。
皆さんを魚影の濃いポイントとご案内している磯なのですが・・
8時半頃に引き潮7部ほど・・
潮は緑色の宜しくは無い潮色でした。
潮の動きはユックリと左方向へ、水温18度台、潮色以外は良い状態です。
まずは紹介しているポイントから始めましたが・・フグ系が多く針を取られたりチモトに傷が入る始末。
始めて一時間ほどで掛かってきたのは30cmほどの口太グレ・・しかし後が無い
フグを避けるためポイントをズラしながら、更に30分・・
ユラ~とアタリに合わせると強烈な走り。
座の上で掛けたのでハエ根に添って右に突っ込んで行く。
残念かな今日持っているのは、1号のチヌ竿・・止め切れない。
元から曲る竿を支え限界まで絞め込むがっ・・・痛恨のバラシ・・チモト切れであった。
そう、先日カナトコで見たのですよね、大型の尾長らしき魚影を・・
その後、干潮の潮止まりでアタリも無くなりエギ竿を持ち出す。
ハナレ裏側をあちらこちらでエギを振っていましたら・・足元のハエ根に良型グレのナブラを発見。
急いで竿とバッカンを持って移動する。
そのポイントは僕も初めて竿を出す場所。
潮が満に入ったのかザワザワと蠢き出したその瞬間。
ユラ~とアタリ・・中々の引きで上がって来たのは38cmの口太グレであった。
その後、30cmの小型やキブダイ、小型サンノジなど掛かりだした。
元の場所が気になり戻ることに・・・正解であった。
すぐに50クラスのチヌ、40程度のキツ・ブダイ、小型グレ等々が食ってくる。
狙いは60オーバーのチヌと50オーバーのグレ。
先ほどの大型の引きを期待して頑張りましたが釣りをしている時間の流れは速いもので、潮も満潮近くなり足元を洗うようになり納竿とした。
今日の釣果は・・10品目以上の種類を釣りました。
グレ25~38を四尾・チヌ50に切れるを2尾・キツ2尾・ブダイ3尾・タカノハダイ1尾・キブダイ1尾・イラ1尾・小型石鯛1尾・カワハギ1尾・サンノジ2尾・その他エサ取り系数種類でした。
魚影の濃さ?はモニタリング出来たかも・・・?
それに今日の収獲は新たなポイントを確認できた事と、中潮なら満潮時でもこの磯で釣が出来る事。
大潮の満潮はチョッと無理かも・・・
再度確認できた事は、引き潮よりも満ち潮に勝算があるということです。

小島のハナレはやっぱり面白い。
潮が良ければ良型グレ、大型チヌもありです。
何よりここは尾長が出る磯です。
泊浦に釣行される方、店に遊びにきて頂いたらご案内させて頂きますよ~
スポンサーサイト

柏島で石鯛好調

このゴールデンウィークに私の同級生が釣り目的で帰郷していました。
彼は泊浦出身で私と幼い頃から海でよく遊んでいた幼馴染です。
大きな釣りクラブにも所属していて底物師。
大阪府在住の山岡孝生くんです。
IMG_0529.jpg
クマモンの可愛いTシャツなんか着ておりますがアームレスリングで全国大会で4位になったとか・・熊の様な体格の男です~
こんな腕っ節で釣られた石鯛は可哀そうです
さて3日に神崎のコブに降りていたそうですが、何と45~62cmを7尾の釣果
持っているのが60オーバーの石鯛。
グレ釣りじゃあないのに、こんなに数釣り出来てしまうのが柏島のポテンシャルの高さなのです。
4月末から潮もあまり良くは無かったのですが、良い釣が出来て良かったね~

さて私も4日は船でマダイ釣りに出かけておりました。
以前バラシておりましたデカバンのリベンジです。
10時頃から出陣しておりましたが午後3時頃までアタリなく、サシエはフグ?に針ごと取られ悪戦苦闘をしておりました。
潮も悪く、底潮に海草の腐ったのが漂っているようでハリスにプヨプヨのヨゴレが・・・
こんな時は釣れないのです~
2時過ぎにポイントを移動し、3時頃バリバリと道糸が走りました。
紛れも無く大鯛の引き・・・根を切らない重量感のある引き・・・
5分ほど格闘の末、やっと浮いて来たのだが・・・
最後のタモ入れで船が風に煽られ魚体が船底に・・実は船のメンテナンスを怠っていて船底にはカキの巣
ハリスがスレでthe end・・情け無い・・
それから30分後、又も強烈な引き・・今度は慎重に後尾に竿を回しやっとの思いで上げたのが写真のマダイ85cm7kのデカバンでした。
IMG_0528.jpg
先日は地元の釣り師が9kもの超大物を上げたとか1メートルに少し足りなかったとか・・
マダイも終盤になりました、デカイのが時折釣れ出しました。
ただ潮が悪い日もあって、ピーク時の連発は少なくなっているようです。

泊浦の磯場も良かったり悪かったりと安定はしておりませんが、40オーバーの尾長も50オーバーのチヌも釣れてはいます。
小島は実績も上がってきています。
もう二箇所、ツリサンも安定はしておりませんが、50のチヌと良型グレも出始めました。
ゲンバ3番もグレの釣果は出ています。
夏磯に変わるこの時期に特有のミドリ色の濁った潮が釣りを難しくしておりますが・・・
潮が動いてくれればチャンスは訪れるはずです。

大物釣り師の皆さん、大物にノサレに来ませんか~

プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。