スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣りをたのしむ③

フカセ釣りでグレを狙って一番重要なポイントはマキエと仕掛け(さしえ)の同調ではないでしょうか・・・
仕掛けの馴染ませ方は人によって様々ですが、同調することによってグレを釣る確立を高めて行くのは同じ考えの元にあると思います。
磯の状況に応じて仕掛けを考え、マキエと長く同調させることによって、「エサ取りの名手グレ」を釣るのです。
本来グレは磯根に居る魚なのです・・・それをマキエによって浮かせて釣るのですから浅い棚から深い棚まで、マキエと同調させた方が食わせる確立も高いと思います。
ここでもう一つ重要なポイントとして、ただ同調させるのではなく仕掛けを馴染ませての同調が必要です。
さて、馴染ませる方法ですが先に書きましたように、人によってその方法は様々です。
出来るだけ軽い仕掛けの方が食いは良いですが・・・サラシとか風波によって道糸操作が難しくもあります。
そのような時に早く馴染ませる方法についての提案です。
最近、潮受けの良いクッションストッパー等々も出ていますが・・・ここではガン玉の使い方についての提案です。
例えばBのウキにBのガン玉を一つ使うのが普通やっている事です。
でもG3を二個使うことによって、ほぼ同じウエイトが作れるのです・・・・・・一点で沈ませるよりも二点で沈ませたほうが馴染みが早く取れるのです。Bのウキなら3Gのガン玉二個・・2BならBとG3のガン玉二個でといった具合です。
参考までにガン玉の重さです・・・
3B→1g・・2B→0.85g・・B→0.55g・・G3→0.25g・・G5→0.17g
ウキについては余浮力がメーカーによって違いますので悪しからず。
理想として、馴染んでから仕掛けがマキエと同じ速度で沈んでゆくのがベストです。
その為には、針の重さ、ハリスの重さも重要になりますし、ウキについては最も重要なポイントがあります。
それは形状とウキ穴です・・・スリムで小さめの穴のウキは敏感ですが糸抜けが悪く、ボテッとして大き目の穴のウキは鈍感だけど糸通りが良いのです。
よってスリムなウキは際釣りに向いているしボテッとしたウキは深場狙いに向いていると言えます。
ガン玉使いが上手くなって釣り技の引き出しを増やしてゆきましょう・・・
その先に、デカグレが口をあけて待っておりますぞ~
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-11-26│18:06 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。