スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣りを楽しむ・・④

先日は同調をさせる為の、早く馴染ませるガン玉使いを書きました。
仕掛けを重くするほど、釣り辛くはなりますが・・・そこはマキエワークで対応しましょう。
マキエを先に入れてから仕掛けを入れる・・・仕掛けを先に入れてからマキエを入れるのも一つの同調させる技と言えます・・・どのタナで合わすかもありますけど・・・

マキエには生オキアミとボイル沖アミがあります。
生餌ですとボイル餌に比べ沈下速度が速いのです。
配合餌にも、軽比重・中比重・重比重と混合したオールラウンドタイプと種類があります。
軽比重はボイルよりも軽く、重比重は生オキアミとほぼ同じ比重と考えられます。
磯の状況・・・水深とか、潮の動向を考えて選ぶと良いでしょう。
単純に考えれば、浅い磯で沈下速度が速いと、同調させる時間が短く釣り辛い・・・(でもエサ取りや潮の流れがあれば沈下の早い方が良い場合も・・・)
ガン玉を使う方には、重比重・オールラウンドがお勧めです。
生餌・ボイルはエサ取りの状況と好みで皆さん選んでいますが・・・食いの良いのは、やはり生餌でしょうか、寒の時期はお勧めです。
生餌はエサ取りの多い時は不利になります、しかしマキエワークで交せば沈下速度が速い分だけエサ取りから逃れられる確立も若干、高いと言えます。
ボイルは軽い仕掛けのフカセ釣りには向いています。
しかしゆっくりと沈む分だけ針を付けた挿餌との違和感も生じては来ます。
そこは、同調の馴染ませる技術を磨いてカバーして下さい。

釣りには「絶対」という言葉はありません。
どの棚で、こうしたらグレが食ってくるなんて、本当はあって無い様な物・・・
全てが想像し、経験の中から結果を出してゆくものと考えます。
経験からの状況判断と、想定したポイントで釣れて来た時がフカセ釣りの最大の醍醐味です。・・・みなさん釣りを楽しんでください。今が釣りシーズン真っ只中です。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。