大月町・釣り情報

季節風も吹き始め、水温も20度を切る日が多くなって来て、磯の雰囲気もすっかり冬磯になってきたかと思いきや・・・黒潮の蛇行により水温も2~3度も上昇したり、南東風が吹いてウネリが続いたりで季節は秋に逆戻りです。
磯釣りでは、口太グレが主体となっては来ています。
良型もそこそこには上がってはいますが、水温が変動しすぎるのか、活性の方はイマイチなのです。
グレが入って来ていないのではないようです。
潜りの方に聞くと、「グレは何処にでもウヨウヨ居る」そうなのです。
活性が上がっていないだけなのです。

船釣りの方も、良くはない状況です。
情報が入らないので、自ら連日出航してみましたが・・・
鯛も単発的、青物はスマカツオ、兵鯛は釣れて来ましたが・・
この時期は、鯛がアチラこちらで釣れて来る、ブリやヒラマサが回遊してくる、サバが入れ食いになる。そんな情報が、入って来る時期のはずなのですが。
全てがボツボツといった感じです。

海がおかしくなっています、温暖化の影響でしょうか??
陸の方も、農家が周期的にやってくる低気圧の影響で畑が乾かず苦慮しているのです。

スポンサーサイト

トラックバック

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-12-21│18:00 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ