口太グレが産卵に入った模様

良型口太がココの所、釣れてきません・・・
二月間に卵を一杯抱えたものから、まだ細かったものもありましたのに。
どうやら、大月ほぼ全域で産卵に入ったようです。
次の大潮で産卵のピークを迎えるもようです。
運が良ければ、グレの産卵シーンも見られるかもです。
よって沖磯、地磯ともに、グレの顔を見るのが難しくなっています・・・
水温も日替わりで低くなったり高くなったり、実に釣り辛い時期なのです。
こんな時期でも釣れる魚はおります。
今年はチヌが例年に無く入って来ています。
しかも大型チヌが・・・ここ大月はチヌを狙う方が殆ど居ませんのでスレても無いようで・・2号位のハリスでもウキが消しこんで食ってきますよ~
船釣りではマダイとイサギが良いようです。
この時期のマダイを桜鯛とも言いまして・・・桜の開花と共に本番を迎えます。
来月になって、水温が19度近くで安定し潮通しの良い磯に出れば、産卵前の尾長グレが期待できます・・その時期の尾長は大型でも、割と取り易いのですよね~お腹が重いからでしょうか。
地磯では、そろそろブダイ狙いの釣り師が動き出す時期でもあります。
堤防釣りでは、柏島、一切で小鯵が釣れています・・モイカの生餌として、又、酒の肴に釣りに出かける方も多くなって来ました。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ