スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾長グレ、柏島がアツい!

昨日、柏島へ出陣していました。降りた磯は、グンカン、水道に私と東の高場に夢釣会メンバーの二人。
潮がモタレて来る下り潮、三人でイサギ6尾に終わりました。
釣ってもいないのに、情報記事を書くのも気が引けましたが、在りのままの情報を書かせて頂きます。
私が降りたビロー側の水道・・・
潮は下りで、モタレて来る厄介な潮で、朝から、足元には、チョウチョ魚や小型グレ、大型のキツが見えるものの、けして活性が良いとは言える状態ではない。
マキエに反応は示すものの、食い上がってくるのは、チョウチョ魚のみ・・
小型尾長と小型キツを数尾かけたものの・・狙うは大型尾長・・・
凪の為、払いだすサラシも無く、潮目を探しては遠投してのイサギ。
せめて、あのチラチラと見えてくる大型のキツをと・・針を落として、ハリスを落として、掛けては見たものの、瀬際に擦られてのバラシ・・2発。
この様な状況で、昼過ぎまで、ポイントを変え、仕掛けを変え粘りはしましたが、グレらしき反応を見ることが出来ませんでした。
2時頃になって、潮が止まり、緩いながらも上りに・・・
この水道は上り潮になれば、ビロー側に引かれる良い潮目が現れるのです。
乏しくなったマキエを潮目に入れて見れば・・・出てきました大型尾長・・・
マキエに群れて乱舞しています。
素早くタナを一ヒロにして仕掛けを入れマキエと合わせると・・・食ってきました。
やっぱり大型尾長の突っ込みは半端じゃあない。
やっとの思いで浮かせて、玉網を取りに手を伸ばした瞬間・・・プッ・・っと
針外れでした・・見た目50前後の尾長グレでした・・・
気を取り直し、マキエを掻き集め、潮目に流すとマタマタゆらりと出てきました。
必死でマキエを掻き集め、仕掛けを合わす事、2投目に又掛けることが出来ました。
2度3度の突っ込みを交し浮かせにかかった瞬間、痛恨のバラシ・・・
今度は刃物で切ったような、口元切れ・・・飲まれていたのでしょうか?それともエラブタに・・・
マキエも尽き・・あえなく敗北・・・

もう一組の降りた東の高場は朝からヤル気の無い尾長が見えていたそうです。
潮が変わった瞬間、潮目に出ては来たそうですが、掛ける事は出来なかったそうで・・
今年、柏島は大型尾長が入っています・・・潮通しの良い沖磯には尾長が出ます。
私が数年前までホームグラウンドとしていた中泊のノコバエ・コケ西で見た大型の尾長が乱舞する光景をこの柏島で久しぶりに見ました。
ここ4度の釣行で、2度良い潮に恵まれ、7尾の尾長を上げました。
今の時期、柏島は底物師の天下・・・石鯛も70オーバーが出ていますし、数も出る磯ですから・・・
半夜釣りではカゴでイサギ狙いの釣り師がほとんどで、フカセ釣りで尾長を狙う釣り師が非常に少ないのです・・・だから結果が出ないのです。

潮が良ければ必ず尾長は出ます、この4度の釣行で確認しました。
大型のオナガの数も半端ではないのです。
大型尾長を釣りたいのなら、今年の柏島はお勧め・・・
おそらく、6月の頭の大潮あたりまでは、釣れると思います。
上モノ釣りの磯は割りと空いていますよ~尾長にノサレに来ませんか~
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。