スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小才角へ出陣・・釣り情報

昨日、小才角へ出陣しておりました。
前日に小才角の主Mさんと釣り談義して・・久しぶりの小才角へ・・
しかも朝の御用を済ませて弁当船での出航でした。
船頭の勧めの磯を断り、小才角の主Mさんの降りていたハエ・・一ヶハエに・・
私、小才角をまだ開拓中につき、Mさんの釣りを盗むのが当日の目的でした・・
ウネリややあって、潮は上りで水温18度後半・・良い感じ。。
一ヶハエに降りて釣師は6名。。釣り座がデベソが空いていたので陣取りました。
足元からサラシが出ていて潮は左に引かれている状況。
足元に仕掛けを入れても馴染む前にサラシで沖へ持って行かれるしサラシの際から馴染ませても道糸が引かれて上手く馴染まない・・入る潮は有るのだが、道糸が上潮の動きに引かれ仕掛けとマキエとが同調できないといった釣り辛い状況でした。
それでも水温と潮の動きが尾長が出そうな雰囲気がムンムンとあり、竿を立てて道糸を馴染むまで浮かせての釣り・・しかしエサが獲られない・・ガン玉を打ち沈めてエサが落ちる・・本流近くに遠投して張りもって流し込むこと数投・・竿を引っ手繰る強烈なアタリ、竿を叩くし横に走るし、何とか取り込んだのはコマサ(ヒラマサの小型65cm)でした・・それから数時間はエサは時折落ちるがアタリを取れず・・ここは小才角の主Mさんの助言を求めに行ってました。。すると「潮目は食わない・・沖の潮溜まりを狙え・・」との事。
潮目を気にせず潮の動いていない潮溜まりに仕掛けを入れると一投目にカワハギが・・それから数投目に口太グレが釣れて来ました・・流石、小才角を知り尽くしている。
普通のグレ釣師はこの潮目を見て、馴染みにくい沖の潮溜まりは狙わないのに・・感激・・引き出しに入れときます。
この後、ウネリが強くなり途中撤収でしたが、そんなこともあって釣果はイマイチでしたが良い釣りが出来ました。
西向きの船付きでやっていたMさんと清水市からの二人組みは良い釣果でした。
尾長も45前後のと口太も40オーバーを数尾・・三人で20尾は釣っていたようです。
他のハエに降りていた釣師も殆どの方が5尾以上は釣っていたようです。

数日前に出ていたK新聞の釣り情報は如何なものか?
小才角・古満目方面は低調となっていたのですが・・実際は釣れています。
船頭も怒っていました・・古満目だって年末から釣れています・・近年に無く良型が出ています。
同日、西泊まりへ釣行した3人組も良型グレを20尾は釣って帰っていました・・水温も先週から安定傾向ですし上りの良い潮が付いている今がチャンス。。
来月に入れば早いグレの産卵も始まるでしょうし、水温も不安定になりがちになると思います。
グレ釣り終盤・・ここからが釣師の腕が出る時期です。
脳みそに汗かいて釣ったグレは喜びも大きいのです。
数が出る磯、ボーズ覚悟の大型狙い・・大月を釣りに来ませんか?

柏原渡船
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。