柏島で釣り大会

柏島で大月たばこ青年部の磯釣り大会がありました。
北西の風強く・・結構な厳しい状況の中・・
8名でグンカン船着きと水道へ竿を出しました。。
船頭は3か所に分かれればとのお勧めでしたが・・
普段、釣りをしない者2名が一緒だったのと親睦の意味合いもありまして同じ場所で同じエサで足場の良い磯に8名で降りる事なりました。
潮は下り、しかも下潮と上潮の温度差が2度・・
つまり二枚潮・・そんな中アタリが出ていたのは、潮の動いている水道側でした。
船着きでは竿二本入れてサシエが取られる状況、水道は頻繁に竿を曲げてバラシいました。
船着きで6人やっていたのでしたが、イサギが三尾・コロダイ一尾・グレらしきバラシ2発。
水道ではイサギ12尾・グレ2尾・バラシ多発でした。

私目は船着きでイサギを2尾かけたものの・・本命のアタリも無く。
忍ばせていたキビナゴ餌で水道との間のシモリハエで大会無視の大物外道狙い。
竿は3号のBBX、リールはBBX8000、道糸6号、ハリス10号でのソコソコの大物仕掛け・・・
一時間ほどした頃・・来ました大アタリが・・
正面沖で食わせて10メートルほど右の水道側のシモリ根に廻され一度も止める事が出来ずの痛恨の高切れバラシ・・走りと強烈な突っ込みから察すると大型のヒラマサ??かも・・
さらに数分後、又も強烈なアタリ・・
レバーで止めきれずに手を添えて止めにかかったものの高速で回転するベールに手を弾かれベールが破損。。
それでも何とかベールを曲げて直し止めたものの・・今度はギアが破損した様で、ハンドルが回り辛く糸も出辛く、無理やりハンドルをコネてのやり取りを5分ほど頑張ったところで又も痛恨のバラシ・・
キビナゴ餌は危険です。親指付け根に青痣だけが残っています。

さて大会は残り時間30分前・・水道でやっていた一人がギブアップしたので、その場所で最後の足掻き。。
来ましたねぇ・・・一投目に良型イサギ(40センチ)それから数投目に本命の口太グレ(47センチ)・・
もう一人の水道でやっていた仲間が午前中に口太グレ(45センチ)を釣っていまして、彼は自分の優勝を確信していたらしく・・・スマナイ事をしてしまいました(笑)・・本当はシテヤッタリ・・
↓本日の皆の釣果です、イサギ3尾はお昼のオカズになりました。
20101222155015.jpg↓本日の参加メンバー
青年部釣り大会22.12.22↓水道の釣り座からパチリ・・この直後に本命が・・
柏島グンカン水道
グレは船着きでも見えていました、しかも大型です。
隣でやっていた仲間の2発バラシは多分・・・??
水道側でもバラシは尾長かと思います。
潮が安定すれば面白くなりそうです。
またまたリベンジに行かなくてはなりません。
今度はもっと大型のリールを持って行かなければ・・・
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ