スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実釣マダイ釣り

釣り画報の記者、平田さんから取材依頼があり、今ハシリのマダイ釣りへ出航。。
もちろん先日、釣果があった泊浦オドウの瀬に・・
メンバーは夢釣会メンバーのケンちゃん。
釣り画報の取材も、私とコンビで5回目です。
これまで取材成功率100パーセント・・運も持っています。

11時前にポイントに到着したのだが、先に5隻が掛かっていました。
情報を聞いたところ、潮は緩い上りでアタリは有るようでした。
先日掛かったポイントは先に遣っている人に邪魔になりそうだったので・・
よって先日のポイントより北に約30mずれてイカリを降ろしました。

仕掛けはフカセ釣り・・マキエアンドンと仕掛けをタナまで落としてアンドンを切り離して回収する、この地域特有のフカセ釣りです。
この日の潮は風によって上潮がスベリ、下潮は殆ど動いていない状況でした。
何投か続けてサシエは取られるものの、アタリがない・・
そのうちケンちゃんが上から流しての完全フカセで馴染ませてゆきました。
それに本命のマダイ(53cm)がヒット・・良い仕事しますねぇ・・
僕は落とし込みフカセで続けることに・・(タナを40mに絞り)
実はこの釣方ですと狙いのマダイを船の近くに集めることが出来るのです。
時間も短縮できて入れ食い状態を作る事が出来るのです。
しかし潮の状況が邪魔をする場合もあります。
二枚潮が特にそうです。
仕掛けはアンドンに引かれ直線的に落ちてゆきます・・
切り離した後は二枚潮に道糸を引かれサシエが撒き餌と離れてしまうケースがあります。
仕掛けが45度角度に入って行く状況がベストですが・・

数投後に又、ケンちゃんがヒット、先ほどよりもサイズアップの60前後でしたか・・
食わせたタナも仕掛けを入れてからの時間からして、浅い(30~35)と判断して、落とし込みのタナを30mに変更して入れてみる・・
来ました、根を切るのに苦労する重たい引き・・・70オーバーでした。

5時の納竿までに僕が大型二尾を追加、ケンちゃんが一尾を追加。。
今回の取材も成功だということで・・まだ運も続いております。
この実釣の詳細については、来月号ボートフィッシングでご覧ください。

磯の方は、絶好調だった白鼻崎も雪解け水の影響もアリ、今ひとつの釣果のようです。
この大潮が過ぎ、潮が変わってくると又釣れて来るものと思います。
昨年末のその近辺で確認した湧きグレのナブラを考えたらまだまだ釣れても良い筈です。
遅ればせながらチヌの乗っ込みも始まったようです。
白鼻崎の主、シゲさんが50オーバーを二尾釣っていました。
水温が安定したら良型グレと大型チヌが楽しませてくれそうです。
そろそろ白鼻小島も賑やかになりそうです。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011-02-22│20:16 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。