スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小才角へ出陣

潮の濁りも取れてきたようで・・食いの良くなってきた小才角へ出陣。
朝方に仕事の段取りをつけて弁当船で行ってきました。
水温23度・・緩い上り・引き潮8分・降りたのはツナカケ
朝から降りていたお客さんが磯代わりしたため、その後に入りました。
緩~い上り潮に仕掛けを入れて・・実に馴染ませ易いが潮の動きが一定していない。。
釣れて来るのは25cmのコッパ尾長・・
タナを深く探ってゆくと・・豪快な引きのニセカンランハギ(ミルマスカラス)
昼過ぎ満ちに変わって30cmの小長グレを一尾
その後、潮が下りに。。。
船頭の勧めでセリツケに磯代わり
此処も潮は動いていないけれど沖のサラシに合わせて何投目かに30cm小長くん。
小柄ながら流石、尾長です・・引きはパワフルです。
サシの勝負のつもりでハリスを1.5号に落としてみました。
なめておりました・・ゴッツイのが来ました・・
竿も1号・・止め切れるれるレベルではなく・・
良い所に掛かっていたのでしょうね、しばらく遣り取りをしておりましたが抜かれる方が勝っていました。
最後は根ズレ・・・未熟。。
潮も下りになりポイントを沖向き西側に替え、仕掛けも何時ものパターンに戻し
イケイケミャク釣り釣法です。
ここは下りでも食うのですね。
38cm良型口太をゲット・・続いて30cm小長。
立て続けに40cm前後の口太を3尾追加。
その後も25~30cm小長を6尾・・間に嬉しいイサギ40cm。
・・しかし時遅く納竿時間でした・・
もう30分あれば、デカバンも、もう一度は掛けられたものを・・
なめてかかっては駄目ですね。

小才角が良くなって来ました。
一ヶハエのお客さんは良い釣りをしていました。
40cm位のシマアジや良型イサギなど結構釣っていました。
ゴマサバも入っていました。
西磯のウスに降りていた方はイサギも40cmの良型だとか・・
底物師は今日は3人居ましたが・・50オーバー石鯛を皆さん釣っていました。
たしかイシガキを含め二尾づつ釣っていたようですね。
底物、上物ともに良くなっています。
潮が上りになれば良い釣果になるでしょうね~
シマアジは朝マズメが狙い目です。
天候さえ良ければシマアジ狙いでリベンジしたいものです・・
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011-06-16│20:23 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。