スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竿納めに地磯へ

最近、良い型のグレを釣ってないもので・・・
せめて竿納めは良い型をと、今食いの立っている白鼻崎へ・・
シゲ兄さんと久しぶりの釣行でしたが・・・
なんと白鼻崎の降り口には車が2台。
もう一台くらいは灯台まで入っている様子。
後ろからも軽トラ二台やってくるし白鼻崎を断念し、行った先は白鼻小島。
myボートでの渡礁です。
やや北西が吹くも問題ない状態で潮は込み潮8部。
例年ですと2月位からが良い磯なのである。

朝のうちはマッタリとした潮の状態で緩い下り。
底の方に茶色のエサ取りらしき魚がチラチラしている、あまり良くない雰囲気でしたが・・
シゲさんがいきなり掛けた魚はヒダリマキ(タカノハダイ)・・これ釣れる日はグレは出ないのよネェ
昼前引き潮5部頃にシゲさん船着きから船着き横のサラシ際に移動。
行くなり釣りました・・47cm口太グレ。
20111229155844.jpg
先に釣られてしもうた。。
僕はといえばボラとミルマスカラスの様なベラにシーラカンスの様なカラスバンド。。
とんでもない者ばかりでした。

昼過ぎに潮も引きワレに移動・・
何投かしてサシエサが齧られる様に・・グレらしき齧り方。。
針を小針に交換し小さいジンタンを一つ・・・
掛けました・・42cm口太グレ・・なんと懐かしい
それから数投目・・強烈な、らしき引き・・ドラグが引き抜かれて行くも手でドラグを押さえて止めたが、二度目の突っ込みで針外れ・・・小針の切なさかな。。
その後、38cm口太を追加するも後はチヌが掛かってきた。
チヌ釣り師には失礼だが・・地元では猫マタギの様にチヌは言われています。
この日釣れたチヌ50オーバー二尾・45cm一尾。。
今日の二人の釣果です。
20111229155740.jpg
口太グレ(38・42・47) チヌ(52・51・45)リリース ヒラスズキ(65)シゲさん
カワハギ・キツ・キブダイ・その他いろいろ・・・

2時過ぎ干潮から満ちに変わった瞬間。シゲさんの竿がシナル。
暫らくの遣り取りにして水面で水しぶきが上がると同時にシゲさんが「デカイ!」と興奮した声。
その瞬間・・・針外れ・・・47cm釣っても「マズマズのサイズだなぁ」などと言ってた。
僕は見てはいないが、察すると50オーバーは有ったことは言うまでもなく・・
帰りの車の中でもかなり悔しがっていました。
31日にリベンジに行くそうです・・まだ竿が納まってません。。

ここ白鼻小島は例年ですと2月頃から良くなる磯でした。
大型チヌとグレがフカセ釣りでセオリー通りに釣れて来る磯です。
セオリー通りとは・・マキエと仕掛けを合わせ、馴染ませればアタリの出る基本通りの釣りが楽しめるのです。
つまり擦れてないグレとチヌなのです。
チヌなんか竿を引っ手繰って行くのです。
グレのアタリはユラ~っと入ってシューです。
僕は他の磯ではスルスルや沈め釣りでタナを探るのですが・・
此処だけは、アタリの出易い棚取り指向での仕掛けで釣ります。

今年は年末から釣れています。
時期が平年よりも一ヶ月は早いようです。
皆さん擦れたグレも釣ったときの喜びも大きいでしょうが・・
セオリー通りで釣れて来るグレも日ごろのストレスも取れて良いですよ。。

白鼻小島へは清家渡船で釣行できます。
清家渡船は主は船釣り・・2~3日前からの予約必要です。
詳しくは「つり工房 正よしHP」大月の渡船紹介で・・
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。