スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大月の釣り

今日は朝から寒い雨が降っています。
農家にとっては久方ぶりの恵みの雨ですが、釣り師にとっては切ない雨です。
小才角の柏原渡船も昼頃に撤収するとか・・・遊びに来て風邪引いちゃあつまらないものね。。
出ていた方は如何でしたでしょうか??

水温もグレ釣りに理想的な18度くらいになりまして良い感じです。
後は潮の動きと言いましょうか??
良い釣りが出来るか否かは、いい潮にあたるかどうかです。。
さて良い潮とは・・・
簡単に言えば活性の上がる潮なのですが・・
誰でも解るのが、その磯で活性の上向く潮の流れ、方向というのがあります。
特に内海に面している釣り場では時に潮の方向が左右に動きます。
どちらかの方向が活性が悪くなる場合があると思います。
全く食わないのではないのだけれど、食い渋る状況になります。
もちろん潮が変わるというのは水温の変化もあるわけでして・・
さっきまでアタリが頻繁にあったのにエサも落ちなくなったなど良くある事です。
また、良い方向に潮は行っているのにエサ取りすら出てこない・・・
こんな場合も有りがちですが、さて水温は??
冷たい潮が入ってきますと潮は透明度を増します。
海底のシモリまで見えるようになって来ましたらマキエが入ってゆくのにエサ取りすらマキエに入って来ない寂しい状況となる事もシバシバ・・
磯によっても若干違いますが潮が薄緑に白っぽく濁りを帯びた状況が良い状態かと思います。
これはプランクトンの影響なのですが・・
良い潮というのは水温と流れの方向だけでは無いようです。

昨日は良く釣れたのに今日はサッパリなんて良く聞く話なのですが。
これは釣り師は選べない・・情報だけでは判らない行って見なけりゃ判らないのです。
釣り運も腕の内・・良く釣る人は腕も良いでしょうが、釣り運も持っている気がします。
水温低下でも魚は近くに潜んでいるのです。
人間だって今日みたいに寒い雨の日には散歩に出掛けるよりもコタツが良いですものね。
その潜んだ魚を如何にして引き出すかもグレ釣りの醍醐味かと思います。

さて、前座が長くなりましたが釣り情報です。
ハッキリ言って釣れています。
柏島では釣り情報も頻繁に更新されませんが、一隻で良い釣りをした方は何名か出ます。
二桁釣る方も多くなっていますし型も出ています。
小才角でも良い釣果も出ていますし、古満目でも良型がよく釣れるようになって来ました。
地磯では特に白鼻崎や勤崎周辺で釣果が上がっています。
先日は周防形周辺の磯で良型の釣果情報もありました。
地元釣り師が連日40前後を数尾釣っているとか・・・

船釣りでは柏島のムロハエ周辺でマダイが良く釣れています。
イサギ交じりで釣れていますのでタナは浅いようです。
私が情報を頂いている船釣り師が7人ほど居ますが・・・
確立として二隻程がいつもクーラー満杯(3~40㌔)釣果で三隻ほどがそこそこ(20㌔前後)二隻ほどがまずまず(10㌔前後)とか・・・
船釣りの釣果はポイントに船を立てられるか否かによって差が出ます。
潮と風を読む状況判断とポイントを知り尽くした方のみが釣果を出せるのです。
その点は磯釣りと違い、その日に行って食うポイントを選べるのです。
しかし今年は定説通りのマダイ釣りではありません。
例年、泊浦に行く途中の梅の花が咲き出す頃、安満地沖から食い始め。
一切周辺の瀬、そしてオドウの瀬、最後に柏島近辺の瀬で食いだすのですが・・・
今年は柏島周辺から食い始めました。
仕事でダイバーをしている方の情報では安満地沖の瀬の近くには、「そこら中マダイだらけ」とか・・
しかし釣果はポツポツなのです。
マダイも良い潮っていうのがあるようです。

来月から大月町観光協会の磯釣り大会「グレダービー」が始まります。
最終日には江頭弘則プロも参加されますのでご期待下さい。。
大会規約については「つり工房正よしHPにて・・・
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。