スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大月の地磯が釣れています。

本日は白鼻崎へ夢釣会会長ナオくんと出陣。。
白鼻は今年初の出陣です。
先日89歳の爺様が50オーバーを釣った記事を書きましたが・・
実は白鼻崎で私の捉えてない情報ですが50オーバーは既に4~5尾は上がっているそうです。
ゲンバのハナでもその位は上がっているとか・・・
うちの客ばかりが行っているのではないので情報を捕らえ切れません。。

さて私も白鼻崎は久しぶりで昼からは強風になるかもの予報の中の釣行です。
朝は磯波が多少あるものの良い釣り日和です。
潮は下り、此処にしては早い潮です。
マキエをしても小魚が見えません。
泊浦からの払い出しの下り潮のせいか水温は低い模様・・潮が澄み切っています。
仕掛けはナオくんに張り合ってハリス1.5号に・・いくらバラすか楽しみです。
竿は1.5-530号、道糸2号、針はクワセ5号に0ウキでウキ止め無し・・
ハリス竿一本半で直結結び・・ウキ下二ひろになるようストッパーを付ける。
私の何時もの仕掛けパターンです。

8時過ぎから釣り開始・・釣り座は先端にある土俵と呼ばれる釣り座。
何投か続けるうちサシエが落ちだすもののアタリが取れず・・
(その間にナオちゃんが良型グレを上げる、流石です)
磯波があってサラシのハケで道糸が取られるので少し重めに5号ジンタンを一つ。。
沖目のシモリ根を探ること二投目・・25cmグレを釣る。
同じパターンを繰り返すがアタリが取れず。
ストッパーを半ヒロ上げて馴染むタナを下げてみる・・
ユラ~とウキが入るアタリを合わせると強烈な突っ込み。
何度かの突込みを何とか凌ぎ・・上がって来たのはミルマスカラスの様な雄のヒブダイ。。残念。
(遠慮を知らないナオちゃん二尾目をゲット)
それから更に数投目・・波かアタリか判らない程度のウキの動きに張りを取ると竿先に重みが・・
アワセを入れると横に強烈に突っ込んで行く・・少し竿を叩く動きなのでバンドかサンノと思い強引に止める・・
何度かの遣り取りの末、上がって来たのは本命でした。
見えてからやや慎重に何て考えてしまいましたから、タモ入れにモタついてしまいました。
45cm口太をゲット。。
その後。釣り座をトビワタリに移動。
沖に捌けて行く潮に乗せ仕掛けを馴染ませて行く事、数投目・・
馴染んで沈みかけたウキがユラ~っと横に・・40口太を釣る。
同じパターンで二度食わせたが、針はずれ・・食いが渋い・・
針を細軸に交換・・良型口太を釣る。。

午後2時頃になって西風が予報どおり強くなってくる。
ジンタン5号を追加し張りを作って流し込む・・30mほど流し込んだ所で・・
今度は道糸がバラバラと出るアタリ・・・デカイ・・竿が元からシナル・・
三度の突っ込みを凌ぐと此方のペースに・・もしかして尾長??
何て考えていたのに・・浮いて来たのは50のチヌ・・「なぜに君はそんなにファイトたのかい!」
そうなんです。この近辺のチヌは引きが強いのです。
さて今日の釣果です。
ナオくん35~40口太を三尾・・他30以下2尾リリース
私35~45口太を三尾・チヌ50一尾・・他ヒブダイ・コッパ・他リリースでした。
20120122155058.jpg
今が旬の白鼻崎でした。

本日、白鼻小島へ友人2名が釣行していました。
釣果は48口太を頭に25尾以上・・30cm未満はリリースしたとか・・
実は今日は彼らと小島に行く予定でしたが・・
ウネリがあると釣り座も少なくなるので遠慮しました・・
最近、釣り運も少し遠のいているようです。

毎年2月になってからグレは良くなっていました。
今シーズンは年末からイイデスネェ・・
乗っ込みチヌも食い始めました。
二月三月に掛けて同じ釣り場でチヌとグレが毎年釣れています。
今年はグレが特に良いようです。
釣り師の皆さん泊浦の磯に大型グレと歳無しチヌを釣りに来ませんか??
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。