スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泊浦へモニター釣行

先日より復活した泊浦の磯へモニター釣行に出陣していました。
釣行したのは夢釣会会長ナオくんと私。
先ず降りたのはゲンバのハナ横にあるスズキバエにナオくん、私がチョボ
このハエは以前、沖に大敷き網が設置してあり降りられなかった磯である。
よって魚影は濃い、15~20m沖から落ち込みになっている。
海底は岩礁帯でシモリが数多く入っている。秋口にボートジギングの最グレのナブラを確認していた場所。
suzukihaechobo
スズキバエは足元の水深は浅く先端からシモリ根が沖に向かって張り出している。
チョボ向きの沖目を釣るのが良い。
チョボは泊浦向きのシモリ周辺が狙い目・・
この日の水温16度・・厳しい状況・・足元のマキエには何も見えない
沖のシモリ根付近から左に動く潮に乗せて深タナを探っていると・・消しこむアタリが・・
強烈な遣り取りの末、上がって来たのは50オーバーの兵鯛であった。
hetai
グレの反応を捕らえる事が出来ないまま、次の磯へ二人で磯代わり
kozimaoka
この日、季節風がヤヤ強く波があり、降りられる磯は小島の岡2番。
水深は足元で約7m、10m沖から水深30m近くの駆け上がりとなっている。
漁師に聞くと魚の通り道となっているそうだ。
雰囲気はムンムンなのだが水温は15.8度・・厳しい・・
二人で沖の駆け上がりを竿1本半から始める。
小石鯛、小タマミ、カドメ、オジサン、などなど色々な魚が掛かっては来る。
昼過ぎになって小型であるがグレ3尾(2尾30前後、一尾コッパ)・・
約45センチのチヌが釣れて来た。
tinu
本日は磯波も良い状況だが最近の寒波と雨によって下がった水温が災いしているのか、今ひとつの釣果であったが水温が安定すれば釣果も上がって来るはずです。
ここ数年、泊浦は大型、良型が良く釣れています。
チヌにおいては大型が良く釣れる磯でもあります。
磯荒れしていないポイントなのでセオリー通りの釣りが出来るのがここ泊浦の磯なのです。

泊浦の磯渡しは・・・大月遊魚センター・・・
船頭の本業は潜水士・・魚の居場所を熟知しております。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。