スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏島釣行

さてさて、夢釣会ご一行が柏島から帰ってきました。
降りたハエは幸島ダンに2名、地側のシオフキに2名、ヒラバエに2名、キヨジの岡に1名。
潮は下りで「どうだろ??」なんて言いながら、そこそこの釣果で帰ってきました。
店長ヨシの釣果です。シオフキです。
IMG_0475.jpgIMG_0476.jpg
クーラーを満杯・・・・・・と思ったら・・・
中からデカイのがでてきました。アオブダイ(75cm)
でもチラッと顔を見せてるイギス(45cm)が良いよネェ・・・
さて本命のグレは(42cm)を頭に6尾、ブダイ3尾とまずまず・・・
続いてキヨジの岡に降りていたシンくん。
IMG_0474.jpg
グレ38cmを頭に良型8尾・・カワハギ3尾とこれも、まずまず・・・
他の方も1尾~3尾は釣っていました。
シオフキのトメくんも、良型グレ41.5cmと38cmと50オーバーのキツをヤッツケてました。
ダンの組も下り潮に変わり苦戦しながらも良型を3尾とイサギ3尾。
ヒラバエの組のナオくんと吉岡君は良型グレ3尾とイサギ一尾とチョッと苦戦。
まぁ下り潮でウネリと強風があってのこの釣果なら良しとした結果かと・・・
やはり柏島の地側が良くなってきました。
水温が下がって安定してくると毎年、地側が良くなるのです。
但し全ての地回りが良くなるのではなく、潮によってであります。
通っている方は判っているのよね~こんな潮状態ならどのハエか・・・
ただ降りて見なけりゃ・・判らない潮もあります。
地回りの潮は一定ですが方向と波っけが重要な要素かと・・・
客が少なければ船頭も教えてくれるでしょうが・・・
通わなければ判らないのが辛いところです。
尚、先に書きましたようにグレ釣りは難しくはなっているようです。
セオリーとか経験とか通用しなくなっているかも・・
発想、閃き、アイデアを駆使して攻略しに来ませんか・・

年末から復活しました泊浦でも昨日は良型2尾釣ってました。
やっと釣れだしてきた・・と言ったところでしょうか・・
昨年までならこの時期は大型を含め結構上がっていたポイントなのです。
さて、シーズンも中盤となりますが、誰が大型を上げてくるのか楽しみです。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。