スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泊浦 白鼻小島

今日は太平洋側の磯は低気圧の接近によりウネリが出始めています。
しかし内海となる泊浦では、今日はベタ凪ぎ・・
これが大月の釣りスポット・・恵まれた環境なのです。
さて、本日小島へ釣行していました北村さん。
釣って来ました。
釣り座はカナトコとワレだったそうです。
グレ32~40cm良型を9尾
45cmのチヌ・カワハギ2尾などなど・・ウロコは処理されていました。
DSC_0112.jpg
潮は中潮・水温は低めだったようですが、グレも産卵真じかに控え食わずにはいられない状況になったかも・・それに北村くんも良い腕しています。これまで小島でボーズ無しです。
尾長2尾も混じっていました。
でも注目して下さい・・上記写真の一番下のグレ・・ハイブリッドです。
下から二番目の右は完全なる尾長・一番下はどう見ても口太に見えるかと?
でも尾長の特徴であるエラ蓋が黒いのです。
魚体も尻尾も口太、しかし顔付きが尾長、エラブタも口元も・・・
DSC_0114.jpg
今年になって三尾目のハイブリッドを見ました。
それも全てこのサイズのグレでした。
この子の生まれた年には、かなりの数のハイブリッドが誕生したもようです。
今年も、ハイブリッドの増えそうな年です。
一月から釣れて来るグレの卵が細かったり太かったりしています。
数年前、1月から5月までの抱卵グレを確認していました。
今年もその様な状況です。
鯛やチヌの乗っ込みも、一ヶ月位遅れています・・
やっと先週から船釣りでマダイの釣果が上がってきました。
昔から、マダイの乗っ込みは泊浦の途中にある梅の花の開花と共にが言い伝えとなっていましたのに・・梅の花はもう散ってしまっています。
チヌにしても、大型がバンバン釣れても良い時期なのです。
これからに期待しましょうか・・・
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。