スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大月のマダイ釣り

本日は予定通りマダイ狙いで船で出陣してきました。
行った先は泊浦オドオの瀬・・・
同行したのは、釣り画報の記者、平田くん。
今日は僕が取材しました。
魚短の反応を見つつ、アジのアジロの近くの駆け上がりにポイントを定め正午前に釣りを開始。
私はいつものアンドン切り離してのフカセ釣り。
平田くんは潮を咬ます為の水中ウキ2Bを付けての流し釣り。
開始1時間ほど過ぎたところで私にアタリ・・上がって来たのはウマズラハゲ
次に平田くん紛れも無く本命の引き、上がったのは70前後の大型マダイでした。
それからアタリも無く、エサ取りの猛攻を受け・・致し方なく4~50m岡側へポイントを移動しました。
魚短の反応はあるもののエサ取りも多く・・・そんな中、またまた平田くんの竿が曲りました。
このオッチャン人を煽るだけあってやるのよね~上手いです・・・
それからはボツボツとアタリがあって、4時前・・・根を這うような大鯛を掛けるが・・残念かな針はずれ・・
逃がした魚は大きいと言うが・・・浮かすことが出来ずに遣られてしまった。
同じく平田くんも根を切らずの針はずれ・・・残念・・・
今日の釣果です・・・マダイ70オーバー4尾を含む11尾まずまず納得の釣果でした。
でもバラシの2発はチョット悔いの釣りとなりました。
DSC_0126.jpg
他の船も釣ってました・・・二桁釣った船が2艇・・7~8尾が3艇・・他2艇は不明です。
まだ暫らくはオドウの瀬も釣れる模様です。
ただここは潮が複雑なのです。
二枚潮は普通ですし・・風の方向によっては逆潮にもなります。
潮の動きも時折変わり、瀬の駆け上がりにポイントを置けば先ずは釣果は期待できるものの、前記の事情でポイントがズレてしまうことを想定して、どの範囲をポイントとして絞り込むのかが難しいのです。
まぁそれだからマダイも長い間釣れ続けているのでしょうが・・・
船によってはボーズもあるようです。
船を持ってない方も、貸し船が泊浦、大月遊魚センターで調達できます。
大鯛を狙ってノサレに来ませんか・・・

忘れてました・・柏島に出陣したヨシですが・・・完敗
イサギ2尾とか・・・そろそろ尾長の時期なんですがねぇ・・・
近いうちに敵討ちしに出陣しましょうかネェ・・・返り討ちだったりして・・・
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。