スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き餌泳がせ釣り

今日は昼過ぎからボートで生き餌泳がせ釣りに行ってました。
まずは、エサとなるアジを調達からです。
泊浦湾を出たすぐのポイントにアジの付いている瀬がありまして、サビキを落とせば簡単に釣れますが・・・
どんなアジでも良いのでなく・・・出来たらマルアジの小さいのが向いてますから狙って釣ります。
どう狙うかって??
アジのナブラを見つけたら、その中心の上層に居るのがマルアジ
下層とその外れキワに居るのがヒラアジの大型が多いのです。
取りあえず10尾ほどアジを釣りまして、白鼻崎へ・・
水深30メートル前後の掛け上がりを狙って流し釣り・・
8馬力の子機で風に流されるのをブレーキを掛けながらポイントを流します。

始めてから20分位たった頃でしょうか、静かだったアジが急に動き出してきました。
近くにターゲットが居る証拠です。
少し誘いを掛けると、案の定アタリが・・・
少し送り込んで合わせるも無念のすっぽ抜け(-"-)
魚探を見ると、そこにはベイトが・・・
その近辺を探ると又もアタリがあったがスッポヌケ連発
それからは何のアタリも無くポイントを移動。
今度はゲンバのハナ沖へ
直ぐにアタリがあったが又もスッポヌケ・・・今日はダメかも・・
次にポイントを移動したのが、泊浦沖のケイソン。
一投目にマト鯛・・・小さいのをゲット
それから鋭いアタリで青物かと思いきや、上がって来たのがイギス50㎝1.7㌔
しかもスレ掛かり、またスポ抜けるところでした。
アジも最後の一尾
落としてから誘いを掛けながらやっているとジワッと重たいアタリ・・
送り込んで合わせるも又もスポ抜け(T_T)
まだエサが有る様だったので送り込んで止めると、今度は引っ手繰る鋭いアタリ。
間違いなく、青物しかもデカい。
ドラグが締めても抜かれてゆく・・・
何とか体制を取りコッチを向かせてやり取りしていたが・・・何と痛恨の針外れ・・・
今日はそんな日なのでしょう。
今日の釣果・・たった一尾です。
IMG_0599.jpg
やっぱり泳がせ釣りは面白い。
掛かってくるのもデカいし、合わせの駆け引きも楽しい。
仕掛けは竿は船竿80-400、リール8000番パワースピニング
道糸フロロカーボン6号、サルカンNTパワーオヤコ3*4
ハリス8号二ヒロに針マダイ15号。鉛12号六角
きわめて単純な仕掛けです。
もう少し穂先の柔らかいのが有れば良いのですが・・・
ベイト竿なら幾らでも有りますが私はスピニングリールに拘っています。
最近の船竿はスピニング仕様が少ないし、リールも大型スピニングが種類も少ないですね。
この泳がせ釣り、皆さんに広めなければ・・・
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。