スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッスルチヌ情報

昨日より泊浦に釣行していた大分の「黒鯛法師」福山智樹さんご一行・・・
このブログを見て是非とも泊浦の巨チヌを所望とおいでて頂きました。
以前からブログで地元釣り師はチヌは狙いませんし、50オーバーはいつでも釣れるなんて、紹介しておりましたゆえ・・・
私もぜひとも釣って頂きたいとご案内をさせて頂きました。
私も以前、釣り画報のチヌ取材で57cmを釣りましたし、プライベートでも65㎝/63㎝を筆頭に50オーバーを7尾釣ったことがありましたので、簡単に釣れるものと舐めておりました・・・(-"-)
釣りは舐めてはいけませんね〜
遅ばせながら、今更になってチヌの奥深さと難しさを知りました。
本日はカモメ?とカンダイ一尾・・・つまりボーズでした。

昨日より下り潮が早く、船釣りのマダイもイマイチ、磯でもマキエをしてもエサ取りすら見えてこない状況でした。
潮色も良い、磯波も程よく、水温も17度代とまずまずでしたのに・・・
ただ何時もと違うのは潮の動きでした。
これだけの速さの潮はめったにない状況です。
原因はここでしたか・・・・?

さて福山智樹さん、玉木昌彦さん、佐藤真之介さんご一行は、昨日は小島の船着きで52㎝を一尾釣ってました。
活性の極めて悪い中、流石です。
本日は、午前中は小島の沖向きを釣り、午後からは私も加わり小島のハナレへ・・
何度も小島のハナレで釣りをしてますが、此れだけ活性の悪いのは初めてかと・・・
やっと釣れたのは、4時過ぎになって・・・
先ずは佐藤さん42㎝グレ、続いて50オーバーのチヌ・・流石チヌ釣り師、集中力を切らさず釣って頂きました。
もう一尾47㎝も追加。
DSC_1038.jpg

福山さんも5時頃に52㎝チヌをあげました。
DSC_1037.jpg
福山さんの仕掛け
竿1.25号、道糸ハリス共に3号
僕の忘れかけていた、食わせの極意を思い出させて頂きました。
食わないから仕掛けを落とすよりも、食わせる技を磨く事ですよね・・・
流石です・・・タナを探り、食わせたのは底ギリギリのポイントとか・・

アカサキに降りていた前原さんも釣ってました。
52㎝のチヌを筆頭に2尾と兵鯛2尾
DSCF0231_20160313201930000.jpg
小島の船着きでやっていた入交さん二人組
52㎝のチヌを筆頭に4尾と良型グレとカワハギ一尾づつ・・・すげ〜やるなぁ!
DSCF0233_20160313201932800.jpg

もう一人方、松の下にモイカ狙いで降りてたお客さんも釣っていました。
1.5㌔クラスのモイカ二杯。
ヤエン釣りだったとか・・・・

泊浦では大型チヌが期待できます。
チヌはまだまだ未開発の磯も多く、60を超えるチヌも生息しています。
グレの食い渋る時期です。
私もチヌ釣りに精進せねば・・・
チヌにおいてはど素人ですゆえ・・・

宿毛はマッスルチヌ・・・大月はハッスルチヌ
福山智樹氏が命名してくれました。
引きの強い大型チヌと勝負しに来ませんか・・・
名もなき磯で60オーバーを釣られましたら、ハエ名は釣られた方の名前を付けさせていただきます
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。