スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッスルちぬ WANTED

泊浦にチヌ釣り師が沢山来てくれるようになりました。
巨チヌ釣り場として泊浦の情報を流しだして、屈折6年・・・
渡船が撤退したり、復活したり・・・
やっと多くの皆さんに知って頂く釣り場となりつつあります。
仕掛けた頃は、釣れてくるチヌは50オーバーは当たり前で・・・
私自身も取材で57㎝を釣りましたし、プライベートでも65・63㎝を釣りました。
今シーズンも、地磯で60オーバーは三尾出ているようです。
すいません・・・地元釣り師はチヌを重んじません。よって私も後で聞くばかりで、取材が出来てません。

よって、この度、何と・・・
巨チヌに賞金を懸ける決意をいたしました。

賞金は、うちの店と渡船屋で折半です〜
ですから、「つり工房 正よし」でエサを買って頂いて、大月遊漁センター(泊浦の渡船)を利用することでエントリーできます。
検寸は「つり工房 正よし」の検寸台での実寸とします。


さて、その賞金でぇ〜す。
60cmオーバー64.9㎝・・・10,000円(商品券)
65㎝から69.5㎝・・・・・・・・30.000円(商品券)
69.6㎝(日本記録)以上・・500.000円(現金)でぇ〜す。

60オーバーは毎年出ていますし・・・65㎝は私の記録です。
実は私の亡き父上が生前73㎝の巨チヌを私と同行して釣りました。
魚拓も写真もありません。
あまりにも大きかったので私がスケールで計りました。
魚拓の準備をしてましたら、親父が鱗を取っておりました(T_T)
よって幻の記録です。信じるか信じないかはあなた次第です。

つり工房正よしHPで紹介しています泊浦の磯は、グレのポイントが主です。
チヌ釣りポイントはマダマダ沢山有りますよ・・・
本日も2か所ほど開拓してきました。
そうそう、本日は福山智樹氏が50オーバーを釣った無名磯・・・
トモキバエと名付けましょう・・・
巨チヌを狙って泊浦に来ませんか・・・
無名磯を開拓して頂けたら、あなたの名前を付けさせて頂きますよ・・・
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。