チョッと感動した話

この二~三日、寒波と強い北西風の為、我が釣具屋もヒマなのです。
どうなってるのか・・週末になるとこんな状態です・・・残念[emoji:e-2]
今、グレが釣れているのにね・・こんなんじゃあ釣りに行き辛いよね~
今夜、県外の二人連れのお客さんが来ました。
お爺さんと、孫だそうです。お爺さんは70過ぎ位かな、お孫さんは30前後かな
二人で昨日から四国の西南地区を釣行だそうです。
今日は、土佐清水の伊佐へ、明日は小才角への予定だそうです。
そして、明後日は、沖ノ島へ行きたいとの事で、磯を紹介させていただきました・・・
今日は、結構風に吹かれながらも、釣果は良かったそうです。
良型グレ6枚とか・・・?
釣り談義の中でお爺さんから、良い話を聞きました。
ボイル餌って、この四国の西南地区が主流ですよね。
この方は、ずっ~と以前から、県外の他の磯でもボイルのみを使われているとか・・
なぜなら、「磯が荒れるから」だそうです。
確かに、生餌、配合餌はその可能性があります。
一人の釣り人が約10kの餌を蒔くとして、一級磯は4~5人毎日くらい降りているわけですから40~50kくらいの餌が毎日蒔かれているわけです。
だから、一級磯で釣れる大型グレは肝がホワグラになっているのが多いです。
配合餌に肝臓薬と胃腸薬、入れたほうが良いのでは・・・

その方、若い時から釣りが大好きで「一日も長く釣りを楽しみたい」との事
そして、お孫さんとこうして釣行できる事が本当に嬉しそうでした・・・
私たちも見習わなくてはいけません・・・

せめて、ゴミだけは磯に残さないように・・・
磯に残った撒き餌は次の人のために洗い流しておきましょう。
一日も長く釣りを楽しむために、後世へと釣りの楽しさを伝えてゆく為に。

小さな事から、みんな遣って行きましょうよ
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ