スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水温低下でも食いは・・・

ここ一週間で、水温が23度前後から20度前後へ・・・
水温が急激に下がったら色々な現象が起きてきます。
今回は寒波による低下でしたので特に上潮が下がっています。
その一つに上潮と下潮の温度差が出来ると、下潮の動きと下潮の動きに違いが生じてくるようです。
良く聞く「二枚潮」と言う現象です。
フカセ釣りでもっとも釣辛い状況です。
マキエ同調が難しいですからね。
海底の岩場付近は、急激な温度変化はしないようで、魚は深場へと入り、エサ取りすら見えて来なくなります。
魚の活性が悪くなるのです。
場所によっては、潮の動きでアタリがあるようですが、それも一時的な潮の間合いであったり深場への探り釣りで釣れてきてはいます。
これから先、寒の時期に掛けて起こりえる事ではありますが、遠くから釣行に来る方にとっては、難儀な事ですよね。
水温も、2~3日、安定さえすれば魚の活性も戻ってはきますが、コレも自然の成す業・・・「運も腕の内」です。
釣っている人は居るのです。
グレ釣にとって、水温変化は重要です、水温によって仕掛けも棚も考えて挑みましょう。
色々と難儀な事を言っていますが20度前後の水温は、グレ師にとっては絶好の水温なのです。
厳しいのは、水温の急激な変化・・・安定さえすればです。
17度位までならグレの活性もあるし、食っても来ます。
15度代になったら、流石に厳しいかも・・・そうなったら深場の鯛狙いですかね。
さあ、釣りシーズン真っ只中、脳ミソに汗かく位悩んで、大物をゲットしましょう・・・
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。