小才角と泊浦の釣果情報

やっとグレの釣果情報がアチラこちらから入ってきだしました
と思いきや・・・天候は非常にも、この二日間はシケ・・・(T_T)

さて、先日大月町の総合型地域スポーツクラブ、レッツ大月が釣りクラブを立ち上げ、初めての釣り大会を小才角で開催したようです。
参加者の過半数の方が対象魚のグレを釣っていたそうで・・・
磯デビューのビジターの方も釣っていたようで・・・何よりです(^^♪
型は35㎝クラスの良型が主だったようで良い大会となったそうです。

泊浦もボチボチとなってまいりました。
一番人気の小島周辺は今一つの釣果ではありますが・・・
ゲンバとツリサンでは良く釣れています。
わたしも先日、38センチを頭に良型3尾でした。
先日の四日、ゲンバ一番に釣行していた高知市の大崎正二さんの釣果です。
大崎さん泊浦
グレ42㎝を頭に良型7尾。
チヌ47㎝と43㎝二尾でした。

ツリサンでも30前後の小型は良く出ています。
しかしバラシも結構出ています。
侮るなかれ、ここは大物が出る磯なのです。
小型の数釣りを想定してハリスを落とさない方が良いと、ご案内している磯です。
小島周辺も、もう少し水温が安定して来れば、釣果も良くなるものと思います。

現在、大月町ではグレ釣りダービーを開催中です。
(大月町・宿毛市・土佐清水市の三市町合同)
各地区で買い物をしたら登録資格が出来ます。
大月でグレを釣られた方は、各渡船業者・正よし・観光協会で登録できます。
50オーバーの大型グレを釣ったら「つり工房 正よし」まで持って来てください。
決められた検寸台と写真での登録が決まりです。

さあ・・・グレシーズン到来です。
竿を曲げに来ませんか・・・(^^♪

夢釣会例会

本日は夢釣会の今シーズン初の例会で柏島に出陣ヽ(´∀`)ノ
磯回りはビロー島でしたが、天候が崩れる予想でしたので、限られた磯に降りる事に・・・
船頭の配慮で少しでも長く釣りが出来るハエに降ろしてくれました。
RYOEIさん、ありがとうございました(^^♪

降りたハエはビロー島、カジヤノキリに3名、高場に3名、低場に2名、池田バエに3名。
潮は程よい上り・・・
私はクジ運だけは良く1番クジで名礁カジヤノキリへ・・・
二人に勝てば・・・もしかしてなんて・・・あとの二人も同じことを考えていたようです(^^)

程よく流れる潮に仕掛けを入れ数投目・・・
スルスルと道糸にアタリで上がって来たのは何とムロアジであった。
集団で足が速いので手ごわいのです。
尾長が潮目に出そうな雰囲気で潮は行っているのに魚が見えない
スプール一杯流しても、あてにしていたイサギすら反応が無い
アチラこちらとマキエを打って様子を見ていると・・・
マキエにつられてグレらしき魚影は見えるものの・・・(水温が前日より2度以上上昇していた)
潮目どころか前にも出てゆかない・・・やる気のない動きであったので
苦手なキワ釣り・・・その数投目・・・バリバリと強烈なアタリ→根ズレ→秒殺でのバラシ。
何方でしたのでしょう
最も得意なヒット&リリースでした。

何やかんやと三人で試行錯誤はしたものの、上がったのはキブダイとムロアジ。
1時過ぎ予想通りの撤収でした。

さてさて本日の釣果です〜
本命のグレを釣ったのは4名様〜
・・・釣ってるんかい・・・(-"-)
栄えある優勝は・・・トメちゃんとこ福留一宏くん(記録40.2+41.7で81.9㎝)
惜しくも二位は・・・テッちゃんこと松田哲幸くん2mm足りず・・
もうお一方おしかった・・・夢釣会のホープ、タツナリこと田中達成くん。
45.7㎝の尾長を釣りながら、一尾のみであった残念。
夢釣会は優勝者のみしか称えられません過酷なのです。
DSC_0007.jpg
本日の参加者11名・・・あれ〜僕が入ってないやん。
DSC_0002.jpg
DSC_0001_20161204164233e3a.jpg
後ろ髪を引かれながら途中撤収(^-^;
DSC_0004.jpg
優勝者・・トメくんおめでとう(^^)/
DSC_0003_2016120416423066d.jpg
尾長45.7㎝の良型を仕留めたタツナリくん。
おしかったね〜

沖ノ島も一昨日までは好釣果であったが昨日はイマイチとか・・・
水温が2度以上も上がってしまうと魚も大変なんです。
近年の異常気象は海の中も同じなんですね〜

以上グレシーズンは始まっております。
良い潮の途に釣りに行けるか・・・
後は運任せ・・・いや〜それも腕のうちでしょうかねぇ・・・
クジ運だけ良くてもグレは釣れません。
精進しなくては・・・(T_T)

泊浦磯釣り情報

またまたご無沙汰の投稿です。
やっとグレシーズン到来ですね〜
あちらこちらよりグレの釣果情報が入ってきだしました。
昨日は観光協会のグレ釣り大会が小才角であり、行って来ました。
26名の参加者中、21人が良型を釣ってましたよ

本日は雨の中を泊浦に4人で釣行してました。
降りたハエはゲンバ一番とツリサンに・・・
ゲンバ一番は風が強くなり三時間ほどしか居られませんでしたが・・・
38㎝を頭に良型三尾。
ツリサンは35㎝を頭に二人で6尾でした。
まだ水温も高めでエサ取りも多く、どの磯でも五目釣りが出来ます。
私もキブダイ、モイカ、キツ、ブダイ、グレと五目を達成・・・
釣りは十分楽しめますよ・・・(^-^)/

昨日、ゲンバ一番に降りていた酒井さん・・
良い釣りしてます。
38㎝を頭に良型、小型を15尾・カワハギ・モイカ二杯
DSCF0260.jpg
仕掛けは竿1.5号・ハリス2.25号・針6号・うきG2
ゲンバ
ゲンバ一番より白鼻崎を望む

そうそう、今日の釣りでモイカを一杯ゲットしましたよ(^∇^)
トンゴロが掛かって来たので、そのまま入れてましたらモイカが縋ってきました。
寄せといてタモに・・・・\(^o^)/
これ良くやるんですよ・・・結構取れますから一度お試しください。

泊浦に釣行の際は、エギを持っていくと良いですよ〜

大月町観光協会の釣り大会です

来る11月26日(土) 小才角で観光協会のグレ釣り大会が開催されます。
ペアでのエントリーです〜
一人でも参加可能ですが、当日フリーの参加者とペアになって頂きます。
参加費6000円(渡船代・弁当・参加料)です。

賞金はトップペアー総取り・・・(^^♪
各個人賞ありです〜
15組30名限定の大会ですから早めにご連絡してね・・・
問い合わせは正よしのメールでも私(兄)に直電でもOKです。
観光協会℡0880-62-8133

夜は観光協会の大忘年会です・・・・
大会参加者は参加できますよ。
会費4000円・酒無3000円

11月は小才角は乗っ込みのグレが乱舞するかも・・・
お早めに申し込みくださいね・・・待ってま〜す。

大月町夏磯情報

先日は久方ぶりの取材釣行でしたが、悔いの残るバラシの連発。
よって22日半夜釣り、ビローのカジヤノキリにリベンジ釣行。
同伴したのは、夢釣会の長老シゲさん。
以前、半夜釣りのカジヤノキリで良い思いしてまして「連れてってくれ」とせがまれておりました。

潮は程よい上り潮、尾長仕様の仕掛けを準備。
この時期の尾長仕様は、道糸ハリスともに3号通し、針は尾長針8号、ウキは0号を主体に潮よって00〜G3を使ってます。
基本的にハリス5ヒロ直結、ガン玉は無し、ウキ下一ひろ半でやってます。
竿は主に1.7号です。

3時過ぎ、釣り開始。
上りの本流に乗せて、良型イサギ・・・
足元にマキエをすると、サンノに混じりグレの姿を確認。
磯際でサンノジ2尾のあと、口太グレ40㎝ゲット。
その後、速くなる上り潮の潮目で42㎝本命尾長をゲット。
もう一尾きたのに得意のヒット&リリース・・・(T_T)
4時過ぎ・・・上り潮が飛ぶような激流となり、ガン玉を打って対応するも・・・
馴染ませるのに四苦八苦であった。
100mほど沖で掛けるも、針外れ2発・・・
1尾40オーバーのイサギは取れました。

さて同伴のシゲさん・・・サンノジのオンパレードの後
ゴツイ引きの格闘の末、見えてきたのが大型尾長・・・
しかし最後の突っ込みで・・・痛恨のチモト切れ(T_T)
その直後・・・私も磯際でゴツイあたり・・・止はしたものの根に張り付かれ・・・
無理やり引き出したものの・・・やっぱりヒット&リリース(T_T)
ヘタすぎ・・・・(T_T)
さて釣果は下の通り・・貧釣果でした。
DSC_0670.jpg
DSC_0673.jpg
戦い敗れて、ボー然とたたずむシゲさんで〜す。

さて泊浦のトモバエに出陣していた巨チヌ釣り師
福山智樹氏・・・大会登録の最終日に勝負を懸けての釣行とか・・・
やってました・・・52㎝歳無しを筆頭に3尾とオオモンハタ。
しかし、55.5㎝以上が大会に課せらた目標だったとか・・・残念!
1464083761615.jpg
1464083734030.jpg
前夜の私共との飲み会でやりすぎたかなぁ・・・
持っているモノ、チッョトぬかしたかも?
まぁこの方・・・目指すは日本記録70㎝オーバーですから
その内とんでもない大物を釣るでしょうね・・・そんなオーラを感じますもの!

さて又、明日からは天候も良くありません・・・
暫らくはウネリもありそうです。
シケが通り過ぎた後の潮の動きによっては、また良い釣りが出来るものと思います。
泊浦の巨チヌ・大月の沖磯の尾長と戯れに来ませんか・・・

柏島磯釣り情報

昨日は久しぶりの釣り画報、実釣取材に同行してきました。
柏島の尾長グレ情報は入ってはいましたが・・・
最近、忙しくて釣りに行けず・・・
行こうとした、連休の5日前後は大シケだったり。
釣り画報の取材も最近、ず〜っと断って来てましたので、久方ぶりの釣行取材となりました。

出船は磯の確保のため11時でした。
ルールとして、竿を出せるのが朝釣りの客が納竿する3時から・・・(T_T)
何と4時間近くも磯のうえで待機しておりました。
降りたハエはビローのカジヤノキリ・・・
底物師1名と上物師2名がやってました。
潮は程よい上り潮、単発ではありましたが、グレ、イサギが釣れてました。
底物も50㎝と45㎝の石鯛が上がりました。
時間はたっぷり・・・潮の流れ、あたってるポイントを見極め、イメージを作り仕掛けを準備。
全が準備万端でした・・・((+_+))

やっと時間が・・・と思った途端でした・・・それまで良い感じで流れていた潮が、差し方が変わって来ている。
更に天候も、小雨・・・風も南東に・・・予報は夜からのはずだが・・
日頃の行いが悪い奴がいる。。僕やろか(-"-)

と、文句を言いつつ釣り開始。
同行の方が竿を曲げる・・・見入っていたら引っ手繰られてしまった。
うかつであった。馴染んでからのよそ見・・当然のバラシ
情けないことに・・・何発もヒット&リリース
2発連続やってしまうとリズムも感覚も崩れてしまう私の悪い癖。

魚っ気があったのは、開始から1時間程度か・・・・
完全な下り潮となり、サシエも取られないままの納竿となった。

言い訳ばかりの記事となったが、詳しくは書けないのが釣行取材の約束である。
詳細については来月号の釣り画報で見てください。
私の釣果です。
DSC_0652.jpg
一応は貧釣果ですが釣りましたよ。
尾長45㎝イサギ2尾
潮の良し悪しはありますが、梅雨グレシーズンに入っています。
尾長は沖磯では出始めました。
先週のアンパンでもバラシもあり48㎝が出ていますし・・・
グンカンでは50オーバーが出ています。
ここカジヤノキリでも上りで降りられたら尾長、イサギはまずアタリますね〜
石鯛も良く釣れています。
カジヤノキリの裏でも60オーバーがこの日、出ています。

3月に柏島キュウガハエに座礁した大型貨物船。
この日にやっと、撤去されました。
殆ど環境汚染もなく何よりでした。
DSC_0648.jpg

尾長釣り最高ですね・・・
道糸がバリバリと走る感覚が何とも最高の極致。
尾長釣りに来ませんか・・・
潮の良し悪しは選べませんが、潮通しの良い磯へ降りられたら、この時期の尾長は引っ手繰って行きますよ〜
近いうちにリベンジに行かなくては・・・

ゴールデンウイーク釣り情報

ゴールデンウイークに入り釣り師も情報を求め沢山ご連絡を頂いております。
さて本日は柏島情報です。
昨日から柏島に尾長を求めて釣行している高知市の河渕くんと中島くん。
先日はビロー高場でイサキ8尾と数発のバラシで終わってた。
本日はアンパンの西側で良い釣りしてきました。
尾長グレ48㎝を頭に二人で16尾。
バラシも数発あったようで・・・
IMG_0661.jpg
IMG_0662.jpg
尾長48㎝を釣った中島遼くん。
仕掛けは竿2号マスターモデル。
道糸2.5号・ハリス2.75号。
針はグレ針8号。ウキは3Bにシンカー3Bのタナは二ヒロ強
尾長48㎝は彼の自己新記録だそうです・・・おめでとう。

本日の潮は下りでしたが・・・カモの方面から入って来る潮だったとか・・あまり聞いたことのない差し方だったようです・・
でも、魚はかなり浮いて来ていたようで、サンノジ、キツ、グレが同じタナで連発してきたとの事。
そうなのよね〜柏島は同じ浅タナで多種の魚が釣れてくる磯があるのです。
以前、尾長、イサキ、サンノジ、キツ、キブダイの五目釣りの入れ食いを何度も経験しましたよ。
アンパンの西側もその磯のひとつです〜

もう大月の海は夏模様のようです。
デカバンの茶グレも見えていたとか・・・
引きもごつくなってきた、この季節からが梅雨グレの本番かと・・・
潮の良い日に当たれば、背ビレをきって水面まで食い上がってくる季節です。
少しでも暇が出来れば、沖磯に出かけたいものです。

巨チヌ釣り師・Ⅱ

又、今週も来てくれましたよ
大分の巨チヌ釣り師、福山智樹名人
熊本の震災の影響で、先週から泊浦はキャンセル続きでした。
やっぱ、このお方、巨チヌに対する想いは半端じゃあ御座いません。

さてー土曜日は彼の名付けた黒崎トモバエに・・・
以前58.5㎝の巨チヌやってます。
52.5㎝・51.5㎝の二尾釣ってました。
二日目、日曜日。
無名磯にて48.5㎝・47.5㎝・40㎝の三尾でした。
1461578898217.jpg
1461578594285.jpg
福山氏の仕掛け
以前も紹介しましたが、この御方、日本記録を狙っております。
よって仕掛けも、それなりのタックルで挑んでおります。
竿は1.25〜1.5号のグレ竿
道糸ハリスともに3号通し
ウキは3Bを主体に棚によってポイントによって使い分けているようです。
2度ほど御一緒させて頂きましたが・・・
どんなに潮が悪くても、集中力を切らさない・・・
そう何時でも日本記録サイズが、かかって来ても多分対応するでしょう。
前回なんか、50近くの大型オオモンハタ釣ったのにショゲてましたけど・・・
取るのですよ。
僕もチヌは初心者・・・
グレ釣っててチヌは釣れるけど、チヌを狙ってまともに釣ってないのが現実。
福山氏の技を盗んでおりますよ。
でもあの執念は真似て出来そうもないなぁ(T_T)

巨チヌ釣り師

今年の三月から巨チヌを求めて泊浦に通ってくれてる、自称、゜巨チヌ極道
福山智樹氏・・・黒鯛法師(大分県)
5回の釣行で50オーバーは、もう何尾上げただろうか?
最長寸が58.5㎝(逆エイジーシュート(^^♪)
しかも無名磯でそれらを釣っています。
泊浦の無名磯は、彼の名前の磯が二つ
ひとつは黒崎トモバエ。もう一つはトモキバエなのです。
先日も釣っていました。
52㎝を頭に3尾。
潮はイマイチの状況でした。
1460628086972.jpg
1460628075819.jpg
このお方、巨チヌに掛ける想いは凄まじく・・・2度ほど同行しました。
日本記録を真正面から狙っていますよ。。。
しかも、釣るのよ・・・
巨チヌが出そうな釣り場には、日本中どこでも行く覚悟を持っています。
泊浦の磯は日本記録のチヌが出そうな雰囲気ムンムンとか・・・
やっちゃって下さい
釣って頂いたら泊浦もメジャーになります。

泊浦の小島予約について

泊浦予約

最近、泊浦に沢山の釣り師が来てくれるようになりました。
一番人気の小島と小島のハナレの磯予約についてルールを作り、公平に皆様に楽しんで頂けるように致しました。宜しくお願いいたします。

1.小島はエリアを二つに分け(下記の通り)西側(沖向き) 東側(岡向き)予約を受けます。
2.いずれも2名以上で承ります。小島、全体の予約は4名以上でお願いします。
(満潮時の定員は各3名です。干潮時は各4名)
3.小島のハナレの予約は、3名以上でお願いします。(干潮時の定員5名)
4.安全の為、日中に干潮となる潮周りしか基本的に予約は出来ません。
5.予約を受けておりましても、船頭が危険と判断するウネリがあれば降ろしません。
※その場合、小島以外の場所となります。(小島の予約が無い場合はその限りでは無い)
6.他の磯においては磯予約も可能ですが、天候の状況によって磯変更をお願いします。
7.磯は「つり工房 正よしHP」で紹介しております磯が基本的には全てです。
8.出船は日の出時間とします。
9.お迎えは予約時に船頭に相談してください(基本は午後5時)
10.弁当は取り扱っていませんので、ご準備をお願いします。
11.渡船料は3.000円です。

渡船予約は大月遊漁センター
船頭 田中章三  ℡090-7577-3855

解凍エサ予約・釣り情報は つり工房 正よし
℡ 0880-73-1235 でお願いします

kozima

プロフィール

つり工房 正よし

Author:つり工房 正よし
いらっしゃいませ・・・
大月町釣り情報へようこそ!

ここ大月町は、四国の最西南端に位置し豊後水道の払い出しと太平洋の黒潮のぶつかる魚種の豊富なポイントです。年間を通じ様々な魚が釣れ季節風が吹いても竿が出せる恵まれた釣りスポットです。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ